休暇や休息という本当のメリハリとは?

今日は塾生限定の生放送の日なのですが、
ここ最近は更新やリニューアル作業などで
一般には見えない所でコツコツ動いています。

 

 

その為、放送までは本を読んだり、
気の許す友人達とビジネス関係とは違う所で
遊びに集中しています(^^)

 

 

そんな中、一息ついでにFacebookを除くと、
藤沢さんが【有給休暇は「病気の治療」のためでは無い】
という記事を書いていたのを見て流石やなぁ~!
って感じていました(^^)

 

 

そこの記事にもコメントしたのですが、
日本人って結構職人文化が強い傾向があって
業務などにはメリハリをつける事を大事にしますが、
なぜか休暇やら休息へのメリハリが上手くありません。
あくまでコレは意識を変えるだけで
治す事が出来るような事なのです。

 

 

 

■休暇や休息という本当のメリハリとは?

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

この記事の冒頭で話をした、
「遊びに集中しています」と言うのが答えです。

 

 

多くの方は、動くと疲れる、
考えると疲れるというような意識でいますが、
これは大きな間違いです。

 

 

活動後の肉体的な疲れというのは、
食事と睡眠で一瞬でなくなります。

 

 

その際に活動しない状態での
食事と睡眠の質は一気に低下します。

 

 

例えば休みの日だからと言って、

ただやみくもにダラダラした次の日とうのは、
身体も重く頭も冴えませんし、気分も暗いです。

 

 

逆にその日に違うモノごとに集中する場合、
買い物でも、スポーツでもプチ旅行でも、
習い事でもいいので具体的な行動です。

 

 

そうするとその日はいつもと違う疲労感と
身体も頭も違うパーツを使うので食事や睡眠の質が
大幅に変わって次の日が軽くなります(^^)

 

 

気分が重い、体が重い、「重い時」は、
普段の動いていない所が「固まってる時」です

 

 

なので普段と違う事に対して
動いて削り落としてみてはいかがでしょうか?

 

 

菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。