温泉と銭湯の違い-

どうも菊田です。
昨日は松葉川温泉に行ってました。

 
3年前くらいに改装したところですが
幼い頃に親に連れてってもらった
思い出の場所です^ ^

 
湯質も良くて肌がしっとりして
湯冷めもしなくて最高です^ ^

 
ここでよくある質問で、
温泉と銭湯の違いがわかないという人がいます。

 
そんな人の為に温泉大好きな僕が
簡単に説明したいと思います(^^)

 

■違いは根本的なところから

まず温泉はマグマの熱によって地下水が温められて
さらに土壌中の成分が沁み込んで湧き出たものが源泉です。

 
銭湯はただの水です。
それをボイラーなどで温めて大きな浴槽に流してる。
簡単に言えばでっかい家庭用のお風呂と同じです。

 
温泉と水との違いです(^^)

 
平地であまり山脈の無いところだと、
そもそも活火山活動の産物でもある温泉は
比較的に少ないですよね?

 
そんな場所に住む人達がわざわざ温泉を目指すのか?
そう考えると全くと言っていいほど水質が違います。

 
僕がインターネットビジネスで稼げるようになり、
時間も場所にも縛られないようになってから、
田舎に住んでいる理由の一つでもあります。

 
単純に温泉などにアクセスしやすいという事です。

 
とはいえ今どき銭湯も泉質では勝負が出来ないので
アミューズメント化で設備を潤わせてたりもします。

 
そんな事も参考にして旅行や、
ちょっとそこまでドライブなどのチョイスに
使ってみてはいかがでしょうか?(^^)

 
公式メルマガでは個人がネットを使って
稼げる力をつけて人生を豊かに
自由を得る方法を教えています。

 

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。