超級ブッシュクラフト・ナイフ「Varusteleka teräväskrama」通称:スクラマの超絶な切れ味に笑う

Sponsored Link


今回の動画は猛烈に惚れ込んだ

ブッシュクラフトナイフのレビューです。

 

Varusteleka teräväskrama バレステレカ・テラバスクラマ

「通称:スクラマ」 をキャンプ時に箱出し使用した様子です。

この日のキャンプ動画は

はた☆キャンプ」チャンネルでアップしてます。

 

ブッシュナイフ・スクラマ

↓専門店引用詳細↓

Varstelaka Terava Skrama, carbon steel with sheath Skramaは多目的な頑丈なブッシュナイフです

– 避難所を築き、薪割りをし、 フェザースティックさえも切り開く道具です!

あなたが茂みにちょうど1本のナイフを持っているならば、 Skramaは全て実行可能です。

これは当然のことではありませんが、精密な道具ではありませんが、

その間にあるもの、すなわち堅実で信頼できる仲間です。

Skrama – ScramasaxやSeaxのように、中世で人気のある短い片刃の刀。

スカンジナビアのLeukuのようにそれは道具および武器として倍増する。

上質な名前は常に素晴らしく、 最高のものはその背後にいくつかの歴史を持つものです。

全長:430 mm・ナイフのみの重量:525 g

ブレード:長さ240 mm、幅46 mm、厚さ4.2 mm。

端部:34刻みの場合は34°、細かい作業の場合は25°。

スチール:炭素鋼80CrV2、59 HRC

グリップ:成型ラバー、ラフな質感でグリップが良好です。

刃はわずかに湾曲しており、先端に吊り下げ用の穴があります。

刃の裏側は平らで、のこぎりの歯ではなく、フラットなので、

バトンを打つときに木片を打ち負かすのに最適です

(石や斧など、木以外のものを使わないでください。

完全なタング構造は、リストストラップのための穴で、突き出ているタングの裸の頭で終わります。

製造工程により、刃のハンドルの基部に小さな錆汚れがある場合があります。

これらは無害で、簡単に取り外すことができます。 刃は2つの異なる角度に研がれています。

グリップの近くの5 cmの部分は、泡立てと細かい作業のために25°の角度を持っています。

ブレードの残りの部分は34°のエッジを持っています。

これはこのタイプのチョッピングブレードには優れていることが証明されています。

なぜブレードに穴があるのですか?それは実用的な生産目的のためだけにあります

– それはブレードを焼き戻しするときそして後で生産の他のステップの間に使われます。

もちろん、あなたはそれのためにあなた自身の用途を思いつくこともできます、

しかし最も重要なことにそれは装飾のためではなく目的のためにそこにあります!

80CRV2炭素鋼と熱処理 すべてのTerv炭素鋼ナイフは80CrV2から作られています。

鼓動をすることができて、 良い縁保持を提供する非常に良い工具鋼です。

80CrV2は、特に私たちの目的のために、 頑丈で信頼性の高い鋼鉄として数十年にわたって評判を得てきました。

私達が使用する熱処理は鋼鉄の表面を内部(59 HRC)より柔らかい(およそ52 HRC)残します。

これは、ブレードに強度を追加する派手な差動熱処理のように機能します。

表面は微細な割れ目やその他の傷に対して非常に耐性があり、これは材料の欠陥による問題をほとんどゼロにします。

ブレードが研削されると、たとえ外面がわずか52 HRCであっても、より硬い内側のスチールが現れます。

実際のエッジは59 HRCです。これが私たちが背骨の側面に面取りをする理由でもあります。

そうでなければ背骨の角はフェロ棒から火花を打つのに十分に硬くないでしょう!

炭素鋼は注意が必要です:あなたのナイフが茂みの中で濡れたならば、あなたができる限りそれを乾かしてください。

ナイフを乾燥させ、刃に油をささずに保管しないでください。

ラバーグリップ ハンドルは “1.5”のハンドグリップ用に設計されています。

バックエンドはタフなチョッピング動作のためのしっかりとしたしっかりしたグリップを与え 、ブローにさらにパワーを与えます。

ブッシュナイフとして、これはSkramaが設計されているものです。

グリップの上部3分の1は、Firestarterを作成するなど、細かい作業を感じやすくするための形状です。

しかし、これはミニチュアの模型メーカではなく、

一つのものとして意図されたものではありませんが、 フィンランドの軍事用語で知られているように、

適切な木製コック「Leirikyrp」を彫るために使用できます。

ナイフはどちらかというとバランスがとれているので、重い刃でも泡立てたときに問題が生じることはありません。

 

ZEROからネットビジネス成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。