ローカルでソーシャルライフ 都心部に住まない理由|ビジネスぼやき

店舗や会社を立ち上げや、各種運営に携わり
ネットビジネスでも稼いで自由人LIFEを確立。

 
そんな現状でよく言われるのが、
「なんで高知の田舎にいるの?」
って聞かれます。

 
多くの固定概念やイメージ的に、
成功してたら都会に行くとかの
イメージがあるのでしょうか?

 
例えば関西で売れてた芸人が、
東京に進出するみたいな感じなんですかね?(^^)

 
確かに多くの資本を必要とするようなモデルや、
直接的な集客が必要な店舗やイベント会社でしたら
間違いなく人が多い街中でやるのが一番です。

 
ただ僕がやっているのは、
インターネットビジネスの中でも
インフォビジネスなんですよね。
情報販売はもちろん、仲介や代行、
中小企業へのコンサルティング業
流通仲介するメディア作成&運営など

 

少しの期間は、現場で直接的な指導や
商談をする事はあってもネット環境があるところなら
スマホ一台あれば完結するようになっています。

 
さらには金融商品などの運用に関しても
ネットがあれば資金を増やすことも簡単です。

 
例えば3000~5000万を
ネット上で稼ぐようになると
それを運用すれば1億~2億くらいは増やせますし
もちろん税金を引かれてもある程度残ります。

 

ただビジネスをするうえで
そんなに出来るようになっているのに
都会へ行かないのか?聞かれる事に疑問です。

 

■確かな共感と解釈と共通点

確かに僕も始めたばかりの時は、
大阪の街中で展開していました。

 
まだまだ稼ぎ始めた時期や始めたての時期は、
街中の方が都合がいいからです。(^^)

 
次第に自分で集客も出来たり、
モデリングクリエイトが出来てくると、
ビジネスモデルも大きく飛躍していきます。

 
面識はありませんが、
僕が所属しているコミュニティには、
M&Aをしている方もいるので、
何百~何千億の取引を行う人までいます。

 
個人様相手の取引もあれば、
会社様相手の取引もあれば、
国や公共相手の取引もあります。

 
ただどっちにせよ、
相手にしているのは【人】です。

 
だからこそマーケティングや
心理学や各種セールス能力を身につけて
モデリングを構築できるようになると
色々な事が出来るようになります。

 

 

最終的に大事になってい来るのは、
幾ら稼げるか?という事ではなく、
何をして稼いでいきたいのか?
どんな生活や人生を歩みたいのか?

 
結局は人生は自分探しだと思うんです。
そのために必要な力や知識が必要なら
それを是が非でも手に入れるべきだし、
そこに無理やりにでも入り込むガメツサと
横暴さは必要かと思います。

 
昔に動画でも語っていましたけど、
いい人ほど自己中になれ!という事ですね(^^)

 
とまぁグダグダ前置きがながいですが、
今回の動画はローカルでソーシャルライフ
都心部に住まない理由という動画です(^^)

 


ビジネスやってて稼ぐのはあたり前、
稼げるまでバカみたいにやるのは当たり前、
途中で自分を曲げないのは当たり前。

 
経営者、起業家が好きな場所で
好きなビジネスや遊びを一生懸命にやるのは、
皆同じに当たり前。

 
誰がいいのか?正解なのか?ではなく、
あなたが何がいいと思うのかが大切です。

 
以上ー菊田でした。

 

 

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。