【驚愕】ユダヤ人 三歳から学ぶ⁉教えや格言シェア

どうも菊田です

今回の記事は世界の富豪種のもいえる
ユダヤ人の教えや格言をシェアします。

■賢人になる七つの条件

1.自分より賢い人がいるときは沈黙。

2.人の話の腰を折らない。

3.答えるときにあわてない。

4.常に的をえた質問し、道筋だった答えをする。

5.先ずしなければならない事から手を付け、
 後回しにできるものは最後にする。

6.自分が知らない時はそれを認める。

7.真実を認める

■知識について

知識は水に似ている。高いところから低いところへ流れる。

人が生きている限り、奪うことが出来ないものがある。それは知識。

耳と耳の間に最大の資産がある。

あなたが知識を増やさないという事は、
実は知識を減らしていることになる。

知識は浅いとすぐ失われる。

■勉強について

一日勉強しなければ、それを取り戻すのに二日かかる。

どんな質問でも、必ずしも答える価値があるとは限らない。

恥ずかしがる人は、よい生徒にはならない。
人はどん欲に学ばなければならない。

学んだことを復讐するのは覚えるためじゃない。
何回も復讐するうちに新しい発見があるからだ。

1つの庭を手入れする方が、
多くの庭をもってほったらかしにするより良い。
1つの庭を持つ人は鳥を食べることができるが、
多くの庭を持つ人は鳥に食べられてしまう。

最も大切な事は、学習ではなく実行である。

出逢った人すべてから、何かを学べる人が最も賢い。

偉人を過大に評価してはならない。
同じように小人を過小に評価してはならない。

私たちは権威のある先人たちの教えから多くを学ぶべきだが、
といって背に大量の本を積んだロバになってはならない。

自分の肩書を人に教えようとする人間は、
すでに自分の人格を傷つけている。

知者が間違うときは、恐ろしいほど根本的に間違う。

善と悪を区別できるだけでは、まだ賢者とは言えない。
二つの悪の中から小さい方の悪を選ぶことができる者が賢者である。

人間は、20年かかって覚えたことを2年で忘れることが出来る。

■教育について

子供は幼いときは厳しくしかり、大きくなったら叱るな。

幼い子供は厳しくしつけるべきだが、
子供がおびえるようなことがあってはならない。

子供は、両親が家で話すことを街でしゃべる。

子供は、両親の話し方をまねる。性格はその話し方で解る。

自分のことだけ考えている人間は、自分である資格すらない。

豊かな人とは自分の持っているもので。
満足できる人のことである。

人を賞賛できる人こそ、本当に誉れ高き人である。

真に貧しい者としてどどまっているのは、
知性のない者だけ。

自分が相手と同じ立場に立ったことがないのなら、
その相手を批判する資格はあなたにはない。

ヤギには前から近づかない。馬には後から近づかない。
愚か者にはどの角度からも近づかない事だ。

■書籍について

本のない家は、魂を欠いた体のようなものだ。

もし、本と服を汚したならまず本から拭きなさい。

もし生活が貧しくて物を売らなければならないとしたら、
まず金、宝石、家、土地を売りなさい。
最後まで売ってはいけないのは本である。

旅の途中で故郷の町の人々が知らない本に出会ったら、
必ずその本を買い求め、故郷に持ち帰りなさい。

■克己(こっき)にていて

何も打つ手がないときにも、
ひとつだけ必ず打つ手がある。それは勇気を持つことである。

失敗を恐れる方が、失敗を犯すよりも悪い。

自分より賢い者に負ける方が、
自分より愚かな者に勝つよりも得だ。

相手の立場に立たないで、人を判断するな。

もしあなたの周囲に傑出した人がいないなら、
あなたがならなければならない。

自分の力ではどうにもならないことは、心配するな。

神は超えられない試練を人には与えない。

■お金について

金は道具である。道具に支配される者などいない。
だから、道具はできるだけ多く持っている方がいい。

富は要塞であり、貧苦は廃墟である。

金は、本質以外のモノなら何でも買える。

すべて金で買うことができるが、
知性だけは買うことができない。

金をなくても、何も失わない。
誇りをなくせば、多くを失う。
勇気をなくせば、すべてを失う。

金のために結婚する者には不良の子が育つ。

■その他

貧乏人と病人の忠告にはいつも真意がある。

小さな穴は、大きな船を沈めていまう。

利害関係ができたときに初めて、
友人かどうかが分かる。

人は仕事がないと政治に関わり始める。

菊田もこの教えや格言の中で、
まだまだ事足りていないことばかりです(^^)

とはいえ、この最高の資産といえる
ベーシックな知識を受け取れるスペースがあります。

それがこちら

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。