選挙と免許 年齢制限 マジで対策しないと日本は終わるんじゃない?

どうも菊田です。
本日はビジネスや成功の話とかでは
少し入りが違いますが、
 
ホント最近、高齢者の高速道路逆走やら
通学中の学生をひき殺したとか酷くないですか?
そこの内容について切実に思う事を話をしました。
 
高齢者の方も若い方も、
自分にはないとでもおもってますか!?
 
はたまた選挙になれば病院で入院しているような
ボッケ老人を連れ出して入れたい人への票を入れたり。
 
マジで年齢制限の上限を制定すべきだと思います。
 
それが出来たところで1年2年で
それを補うようなサービスやお金の流れが出来て
十分な環境が自然と出来ますからね。
 
 
そもそも下に年齢制限があるのは、
正しい認識と判断が出来る年齢ではないからなのに、
高齢者が正しい認識と判断が出来る人は、
ほんの僅かしかいませんからね。
 
そして子供よりタチが悪いのは、
それを自分が認識出来ていないのが
また恐ろしい事ですよ。
 
 
この動画で話をしていることで共感するなら
ぜひ拡散シェアお願い致します!^^

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。