田舎暮らしで副業や起業!フリーランスでスローライフを目指す方へのすすめ!

Sponsored Link


どうも高知の田舎でスローライフを満喫する
ネット起業家の菊田です。

最近は田舎暮らしでスローライフを目指す人増えてますね。
インターネットの普及で特に街に定住する必要性がなくなるので
自然の流れといえばそうなのですけどね。

だだし!!!

いくらそいったライフスタイルにしたいと言っても
『今日から俺は』みたいにはいきません!

そこで菊田さんからこれから目指す方へ向けて
田舎暮らしスローライフのための
フリーランスアドバスを簡潔にまとめていきますね。

Q:サラリーマンのままでいいのか?起業すべきか?

サラリーマンか起業とかを答える前にまず聞きたい!

『あなたにスキルはあるのか?』

そしてもう一つ

『そのスキルで自分の事業を立ち上げているか?』

基本的に住みたい場所にあなたが生かせる事業体だったり、
親や知り合いがやっている仕事場が確保されていない方は、
この二つは最も重要になってきます。

そしてスキルがあると言っても、
ただ会社に勤めていただけの方というのは、
そのスキルを活かす仕組みは会社に依存していたわけです。

つまり自分で事業として立ち上げて
成り立たせることが出来ない状態で放り出されても
正直何も出来ないし無駄に資金コストを負う羽目になります。

僕がやっているインターネット起業塾で学ぶような
Webマーケティング全般の考え方や仕組みづくりの方法
1つでもいいので今のうちに副業でもいいので
収入として確立出来るようにしておきましょう!

Q:フリーランスで田舎暮らしのメリットとデメリット

都心部に住んでいれば、フリーランスで活躍するのは
意外にも簡単ですし世間の認識も確率しています。

ただ現状(いま2019年後期頃)では、
まだまだフリーランスの社会的信用は低いわけです。

月に数千万稼いでいようが、
年収億を超えていようが、
安月給のサラリーマンの方が信用が高いです。

少し考えれば矛盾するくらい面白い話ですが、
もしろ中小企業の社長よりも雇われサラリーマンの方が
信用だけでいえばが高い気がします。

まぁ国や金融機関が税金や借金の利息を
安定的に供給するための仕組みを考えれば
ドはまりするんですけどね(笑)

「お前らは借金(ローン)を組める信用で
生活ギリギリで働けるまで働いて
私たちから最低限の保証という偶像を崇めながら
税金を払い続けろ!働きアリめ~わぁ~はっはははは~」

ってな感じですね。

あと生活コストが安いと思いがちですが、
田舎暮らしでサラリーマンになっていくと
給料は安くなり、車などの維持コストが増えます。

ただ現在の田舎の住人のほとんどは
この偶像の保証を崇めている人が多いですし
特に外で揉まれていない人なんかは
かなりセンスも感性も時代から取り残されています。

それを理解しておいてから入っていくと
無駄に期待をしなくていいので気が楽です。

しかしチラホラと同じような仲間にも出会うので
そういった理解のある仲間を見つけておくといいですね。

Q:田舎に住み始めてから学習や行動に移すべきか?

これはどう考えても住む前から始めておくべきです!
僕も大阪のミナミのど真ん中に住んでいた頃には、
店舗事業もいくつかやっていましたし、
田舎暮らしがしたかったのでネットビジネスで
稼げるようになって自信と経験値をつけてから来ました。

もしそうでなかったらスタートがかなり遅れたはずですし、
仮に「私は移住してから」と計画している方であれば、
最初はその地域のサラリーマンから初めた方が賢明です。

例えば学生時代はその地域に住んでいたからといって
社会人として住んでない場合だと、
その地域での活動の仕方がイマイチ把握できません。

僕も起業はしてスローライフは送っていましたけど、
地元の友人や知り合いになった知人達にいろいろ
「遊び方」「よく集まっている場所」「行きつけ」
「生活に必要な福祉機関」などを教えてもらいました。

 

Q:ここまでの内容を理解したうえで
起業すべきかサラリーマンでいるのか?

本気で自分のやりたい仕事でお金を稼で
余裕のある経済力のある中で
スローライフを送ろうと思えば…

基本的に起業した方がいいですね。

更に言うとインターネットをフル活用した

ビジネス(通称ネットビジネス)しましょう!

そこらへんの無料の情報ばかりでやろうというのは
正直、ビジネスとお客さんになってくれる方を
舐めてるんでしっかりプロ!!

(その分野で成功されている人)
から学ぶ有料の学びを得てください。

それはサラリーマンでも同じことですけどね(笑)

この内容のほかにも質問や悩んでいる事があれば、
取り上げて回答していきたいと思います!

そんな方はぜひ菊田の無料メルマガからの
問い合わせフォームで声を聞かせてくださいね(^^

今回は以上です。ではでは

ZEROからネットビジネス成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。