Webコンサルティングってどんな仕事内容なの?

Sponsored Link


意外とコンサルタントという仕事と言っても大きなカテゴリーの1つで
利用する側からすれば「どんな事しているの?」ってなる人もいますよね。

コンサルタントの意味としては、
ある事柄について助言や指導を行う専門家という意味ですが、
たんなる指導者や教育係だけのコンサルタントって意外と少ないです。

実際のところ、私が専門でやっているWebコンサルティング事業と言っても
かなり広い分野体になってしまうので、そこから細かく細分化されています。

私のArioseConsultingを例に挙げてみると、
Webマーケティングコンサル事業がメインの事業体となっていますが、
まず第一前提として、その企業や個人事業のクライアント様に対して
その事業に欠落している必要課題やシステム改善などを助言・指導したりが
コンサルタントとしての仕事内容のメインとなります。

基本的にはコンサルタント事業というのは、
その専門であるコンサルティング自体が商品となります。

そこから必要とあれば、
エンジニアやプロモーターをする事もあります。

例えば必要なウェブ上のプラットフォームがクライアント様に必要な場合、
こちらが代行して制作する場合もあります。

私の会社ではWebマーケティングで必要な知識だけでなく、
制作実績や運営しているメディアなども自社制作しているので
エンジニアやデザイン方面も請け負ったりもしています。

例としてはホームページ制作などが分かりやすいでしょう。

私の会社の場合では、
コンサルティングという情報知識や先見、適切な助言するための
プロファイルスキルなどを直接的に提供するものは当然として、
個人起業などを目的としている方向けには電子コンテンツとして
基本カリキュラムなどの販売だったりウェブ上の起業スクールの運営なども
コンサルティングという商品を販売するためのシステムとして
活用したりしています。

▼コンサルティング費用の相場ってどれくらい?

そこで気になってくるのがコンサルティングの費用の相場ですよね?
色々な分野のコンサルティングがありますが、
私はWebコンサルティング専門なのでそれに関しての相場で話をします。

まずはお試しなどであるのが1時間ほどのコンサルティングでは、
『1万円から5万円』くらいが相場ではないでしょうか?

そこからサービスオプション数やタスクにもよりますが、
月額であれば10万円~50万円ほどだったり、
企画などの戦略起案などに関しては30万~100万円代が相場と言えます。

▼どんな会社に依頼すればいいの?

コンサルティングに関して言うなら、
大きな会社と小さな会社とかいう偏見は基本持たない方がイイです。

基本的には能力が高い、コンサルタントとエンジニアが出来る人が一番です。

会社的に大きなところであっても
企業戦略起案やマーケティングに関しては精鋭を選ぶべきですし、
そもそも大きな会社では他のスタッフや規模の維持のために
費用対効果が悪い場合も多かったりします。

よく私のクライアントに多いのが、
最初は大手に依頼したがコストだけかかって身近ではなかった…という声です。

あなたが会社の経営者、もしくは個人事業主なら
スポーツ選手に例えるならコンサルタントはパーソナルトレーナーや、
コーチのような存在です。

少しでも詰まれば何かと相談しやすい存在でなければなりませんし、
立ち位置が近い存在として二人三脚で進められるパートナーにもなります。

そんなコンサルタントを選ぼうとするなら
選び方は自然とあなたの正解に向かうはずです!

私も年間の私本人がコンサルティングする件数は年に
4社から6社以上は受け付けないようにしています。

数多く受け過ぎたり、他に細分化し過ぎると
質が圧倒的に劣化していまうからです。

もちろん大きな会社でも超優秀な人達が集まっているところも
ありますが、実際に判断するには内容を理解しやすく、
相談もしやすく、コンサル費用の商談も自由に対応できる
コンサルタントを選ぶのが私からのお勧め方法です。

ぜひ参考になれば幸いです。以上-菊田でした。

月額プラットフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。