好きな事を仕事にする事は幻想?

どうも菊田です。世の多くの人は、
「好きな事を仕事するのは幻想だ」と言い、
「そんなものは一握りだから諦めろ」と言う。

 

 
果たしてそれは正解なのでしょうか?

 

 
それに納得するような人格というのは、
自分でやりたい事も決められず、
自己発信という発言を抑えようとします。

 

 
つまり自分で思考する事を辞めている人は、
それにすんなりに納得させられてしまう。

 

 

逆に僕は好きな事を仕事にしているし、
僕の周りの人達も皆好きな事を仕事にしている。

 

 
それがサラリーマンであろうと、
経営者であろうと同じです。

 

 

例えばサラリーマンで営業が好きなMさんがいる。
彼は営業と釣りが大好きです。

 

 
そんな彼は好きな仕事だからこそ、
営業の奥深さや面白さを周りが知らない事に疑問を持つ。

 

 
そして好きだからこそもっと素晴らしさを伝えたいと、
新人教育にも力が入るし実践を見せようとするから
自然と成績は上がるし上司にもなっていく。

 

 
好きを仕事にしていくと次第に
自分の独自のノウハウと配分でやりたくなり、
次第に独立も考えるようになっていく。

 

 
これはごく当たり前で自然な事だと思う。

 

 
趣味の釣りでさえも、
自分がご愛顧している釣り具屋が素晴らしと思うと
HPを代行して作成したりもするし、
釣り仲間や新しく始めたい人にサイトや動画を使い
人を集めてイベントも開くようになっていく。

 

 
そうなっていくとサラリーマンのままだと、
好きな仕事の可能性をつぶされるようになる。

 

 
すると年商数億円のイベント会社を立ち上げてしまう。

 

 
こんな好きを仕事にする人は、
後にAIが10年または5年後に発展しても、
仕事は奪われる事はなく、利用する側になる。

 

 
しかし、好きでもない仕事に、
老後の年金やボーナスにウハウハしながら
いつ奪われるかわからない業務をただこなす。

 

 
僕の周りに集まる仲間達は、
そもそも好きな事しかしていない。

 

 
中には好きな事で独立してから
初年度の年商がたった5万~10万の友人もいる。

 

 
月収でも年収でもなく年商がです。

 

 
そうすると周りは心配する人がいて
「食っていけないなら辞めとき」
「もう十分じゃないの?」
「副業にもならないじゃん」

 

 
こんな言葉を言われ
どんでもないノイズを注がれる。

 

 
そんな自暴自棄や葛藤や
フラストレーションをパワーに変える
メンターやお客様や仲間がいる人はその後、

 

 
次の年には年商5億円になっている。

 


ありがたい事に僕をメンターと慕って
これを払うと食えなくなるほどのお金を払い、
コンサルや塾などに入ってくれる人もいる。

 

 
そんな人はどうなったのか?

 

 
今まで稼いだ事もない金額を好きな事で
稼げるようになってしまうんです。

 

 
菊田さんと出会えたお陰です!なんて
赤面してしまいそうな事を言われます。

 

 
しかし、それは僕のお陰ではなく、
その人が自分の意志に正直になっただけです。

 

 
僕はその正直になるだけの思考するお手伝いと
手法やノウハウを渡してるだけに過ぎないんです。

 

 
だからこそ僕はそんな人達に3つの約束を言います。

 

 

■3つの約束


「一つ約束してください。」

 

 

相手
「なんでしょうか?」

 

 


「僕に騙されてください。」

 

 

相手
「え?というと??」

 

 


「最初は何も考えず言われた事を
 そのままやるんです。今まで
 上手くいってない「今」の思考や
 感情を入れるとブレます。」

 

 

相手「わかりました!騙されます!」

 

 

相手に1つの約束をさせた後、
僕は自分に2つの約束をします。

 
相手は僕に騙される約束が一つ。

 

 

僕は相手が求めるなら
最善を尽くすという約束と
僕自身がブレないという2つ約束。

 

 
この3つ約束はとても重要になってくる。

 

 
約束が守れる人は
当たり前のように伸び続けていく。

 

 
それは行動を起こす時に必要な
パワーを確保できるからです。

 

 
それがフラストレーションという存在なら、
それを変換できずにいる人は「ストレス」と言い
変換出来るようになる人は「パワー」と呼ぶ。

 

 

先に話をした営業が好きな人も同じである。
奥深さや面白さを周りが知らない事に疑問を持つという
まさにフラストレーションです。

 

 
〇〇を〇〇したら上手くいくのに
なぜ〇〇をしないだろう~?というね(^^)

 

 
好きな事ほど分け与えたくなるものだし、
良くしたいと追及するものです。

 

 
だからこそ自然と提供する側に
あたり前に日進月歩していくものです。

 

 
好きな事を仕事にする事は幻想だといわれてた人は、
まず好きな事を模索する為に色々チャレンジする事から
初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上ー菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。