ビジネス成功の鍵は職業病!?話し方や伝え方でわかる

どうも菊田です。
職業病ってあなたはありますか?

自衛隊の人だったら睡眠中ある音が流れると
体が反応して急いで着替えてしまったり、

お笑い芸人のツッコミの方なんかは、
自然とツッコみしそうになったりするそうです。

ではビジネスマンってどうなのか?ってなると
どうしても会話での説明がプレゼン気味になる(^^;

言葉使い方や順番にクセがでてしまい、
特に何かを進めるわけでもないのに
相手に影響をあたえてしまう。

例えば何気ない会話であったとしても
「すごい洗脳されそうになる」とか、
「引き込まれてそうになる」など言われる。

こちらからしたら洗脳する気もなければ
引き込もうとしていないんですが、
話し方のクセがどうしても出てしまう。

それがダメというわけではないし、
説明が上手になっているという証明なんですが、
自分の生業が経営やコンサル業なので、
相手からはちょっとした先入観もあるのでしょうね。

例えば友人が弁護士だったりすると、
普通に自分の生活のこととかで会話すると、
改善点や穴を探られている感じになる。

これって自分の先入観なんですよね。

経営者やコンサル、ネットでの情報発信などで
稼いでる人って対外、このクセがついている。

簡単に言えばクセがつくくらい
数(量)をこなしているという事だ。

成果を上げる営業マンにも同じことが言えて、
普段話をしていても何かイイもがあると
スムーズにそれを進めてくる。

相手からしたら
「この前買った○〇よかったよ」
ってだけを伝えてるだけですが、

意外と欲しくさせるのは、
伝え方や話し方にクセが出来てるんですよね。

もしあなたが伝えたいことが伝わってない、
ビジネスであれば伝わらないと売れないので
リアルでもネットで成果を上げたいのであれば、

かならずクセがつくくらい
量をこなしてみてはいかがでしょうか?

以上-菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。