冬キャンプ4×3タープのAフレームアレンジ張り!飯盒で同時炊飯にチャレンジ。

Sponsored Link


皆さまいかがお過ごしでしょうか?

ArioseConsulting代表の菊田です。
またの名をKIKUDA-CAMPです。

イブを終え、12月25日から2泊3日のクリスマスからのキャンプです。
今回の動画は1泊目は設営のみの映像で
そこから2泊目の夕方からのスタートになります。

 

さて皆さんは、キャンプ飯を食べる際

どちらかの料理が冷めている事ってないですか?

ありますよね?冬なら尚更温かい料理を食べたいですよね?

 

そこで今回のテーマとしては、
冬のハンモック泊での4×3タープを使っての
温かタープの張り方と旧ドイツ軍モデルの飯盒を使っての
米炊き&レトルトビーフシチューの同時調理いや、
同時炊飯といった感じです。

場所は高知県佐賀町にあるとある公園の隠れスポットでの撮影、
海の近くの丘公園ではあるのですが、
防風林に囲まれて風の影響が少ない場所でした。

場所のヒントは『わくわく』(笑)
ぜひこのヒントからお近くの方などは
探し当ててキャンプしてみてはいかがでしょうか?

※キャンプの際には焚き火の処理&ゴミなどは
しっかり持ち帰って綺麗にして帰りましょう!

 

横に4mの長方形のタープを横に張って、
左右対称にクローズさせるだけならAフレームですが、
ハンモックにも座ったり焚き火を楽しむのであれば
どちらかを跳ね上げるイメージが多いと思います。

しかしこの時期は冬なので跳ね上げると
サイドからの冷たい風を受けるようになります。

そうではなく、フルクローズする際のサイドだけ
ペグにひっかけた状態で片側サイドの中央を跳ね上げます。

3×3タープだと横幅が短いので
跳ね上げが低くなり、焚き火をする高さが確保できません。

 

なのでこの4×3のタープが最も効果的というわけです。
普段跳ね上げる際には木などでポールを作って跳ね上げますが、
正面に木が生えていたのでそのままパラコードで結んでテンションをかけました。

もう一つのテーマは旧ドイツ軍モデルの飯盒を使った
同時炊飯にチャレンジしました!

他の飯盒と違って中のフタ鍋が深く設計されています。
こちらの方でお米などを蒸し焚きして、
もう一つメイン鍋の方でおかずを作っていきます。

メイン鍋の方に水を適度に入れます。この際にお米にも研いで水を入れときましょう。

飯盒を焚き火などの火床にかけてメインの鍋の水にレトルトビーフシチューをいれます。

※今回レトルトでしたが、ジャガイモやニンジンや固い肉などを入れておくと

圧力なべのようにほくほくで火が通り柔らかく仕上がります。

その上からお米とお水が入ったフタ鍋を入れます。

※蒸し焚きになるので、普段よりお水は少なめが美味しく炊けます。

後は蓋をして焚き火なら多めに薪を入れて30分から1時間ほったらかし(笑)

焚き時間はその時の火力に影響されますので昼寝してたらいつの間にか出来上がってるくらいです。

 

 

同時調理になるので、

出来上がったら両方ともぬくぬくの状態で召し上がれます(^^♪

🔽読者限定インターネット起業の動画講義(登録無料)
‐ネットビジネスZEROから成功させる方法-

https://ariosenet.info/post_lp/biz-magazine/

 

🔽KIKUDA-CAMPサイト
⇒ https://camp-k.jimdofree.com/

🔽KIKUDAブッシュクラフト主な装備🔽
↓  ↓  ↓
https://ariosenet.info/2020/06/28/kikuda-camp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。