気合いが入らない年初めの解消方と仕事術~菊田流の定義

姪っ子とお風呂に入って心も体もフヤけた菊田です(^^)
今日は株価が下がって大変な方もいますが、
僕の方は家の給湯器が壊れたので急遽買い替えてます(笑)

菊田慎也『僕と姪っ子』
さてさて今回は…
年初めの仕事術についての話をしていきます。

 
よく年明けと言うのは気持ちが入らなかったり、
続けていくと疲れが抜けきれない事ってないですか?

 
ありますよね?(^^)
僕も昔はそれに悩まされて勝手に疲れてたのですが、
ここ数年は全くそんな事が無くなりました!

 
今回は僕がやっている菊田流の方法をお伝えしますね。

 
結論から言えば、
『明確にメリハリをつける事です!』

 
明確にメリハリをつける??そんな事わかっとるわ!
と思われる人もいると思いますが案外出来ていません。

 
昔の僕もそうだったんですが、
さぁ仕事が始まる!と気合いを入れようとするのですが、
なかなか気持ちと身体が一致してくれません。

 
いつもなら1時間で10出来る事も、
特に長期の休み後だと6くらいしか出来ないなど、
変に体調が崩れやすくなったりしていました。

 
この原因はとてもシンプルなんですが、
多くの方はいつも業務的な事だけに目を向けがちなんです。

 
例えばサラリーマンの方なら週5または6日勤務で
休日が1日または2日などありますよね?

 
その『休日』という部分へのメリハリがないんです。

 
日本人と言うのは基本マジメなのでこの『休日』の過ごし方ではなく、
『休日』の向き合い方がとても下手です。

 
なので休んでいるはずなのに、
疲れが溜まりすぎていたりストレスを多く蓄積したりして
普段からのクオリティーが低くなったり、
メンタル面でも余裕がなくっていきます。

 
ではそこからどうすればイイのか?
それが明確なメリハリをつける事が大事になってくるんです。

 
例えば休日に『何もしないでダラダラしたい』
と心が思ったならその為の時間を明確に区切るんです。

 
この時間を明確に区切る事がとても重要になっていきます。

 
誰しも生活をしていたら最低限の用事はあるので
明確に時間区切りなどをしていないとブレてしまいます。

 
例えば今日は休むぞ!っと言ってても
休んでいる間にやる事を思い出してソワソワしたりするのは
区切りを明確にしていないので安心出来ないんです。

 
これは普段からマジメな方には特に多い傾向です。

 
僕なんかも業務がある時は徹底的にやりますが、
休む時は徹底的に休みます。

 
人によって休息の仕方はそれぞれですが、
スポーツが楽しみな人は運動が休息になったり、
寝るのが好きな人は寝る、ショッピングが好きな人は買い物、
音楽鑑賞の人は音楽鑑賞、映画好きなら、ギャンブルならと

 
ただ何もしないだけが休息ではなく、
人にはそれぞれ義務から離れたフィールドでの
フラットな集中スペースにいる場面が『休息』を産みます!

 
ぜひ今後の仕事や生活の充実、
飛躍のために生活の時間割りなどを求める方は、
この『休日』への明確なメリハリを意識してはいかがでしょうか?

 
菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。