インターネットビジネス活用のスモールビジネスでよくある事。立上げから運営が回るまでによくある課題について

Sponsored Link


どうも菊田です。

インターネットビジネスの活用しての
フリーランスや小規模企業でのビジネスをしていると
これまで色々と小さな課題が出てきます。

 

これからフリーランスで活動していきたい方や、
小規模の組織で起業されたい方などは、
ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

補足ですが、小規模の企業というのは、
年間売り上げで5憶以下くらいを目安にして下さい。

 

今回はその中のほんの一部ですが、
簡単に語ってみようかなと思います。

 

■ネット系個人起業でのあるある!

▶各機関などの信用

まぁこれは殆どの業種も同じと思いますが、
ビジネスを始めてやるとなると、
今までサラリーマンとして雇用されていた身分と違い、
あなたがそのビジネスの親になる訳です。

そうなると、
事務所や店舗や金融機関からの借り入れ、
クレジットカードの作成への【信用】が
あなた本人になるわけです。

なのでクレジットカードや借入れ、
事務所の確保などは、あなたではなく
あなたがそれまで務めさせて頂いている会社の信用を利用して
必要なものは揃えておきましょう。

▶メインだけにこだわり過ぎない

メインの収入源や業種というものだけに
決してこだわらない方がいいです。

そもそもネットビジネスを活用していると
収益が出るまでに色々出来る事が増えているはずです。

なので他で収益が出るものが派生する場合や、
日雇いや短期の依頼があれば受けながら
広告費や必要機材確保に使用するとイイでしょう。

 

▶職種の登記への事業説明

あなたがインターネットを活用しての
ビジネス体型になる業種説明は難しくなります。

何が難しいかというと、役所関係の人達の
業種理解の視野の狭さにあります。

今どきの職種の話をしても
何も知らない子供に一から教えるくらい
丁寧かつ分かりやすく簡潔な説明が重要です。

そうでないと、事業登記だけでなく
公共が管理する不動産などの申請なんかが
まったく【信用】が取れずに終わる時があります。

私なんかが良く使うのは、
インターネット関連事業とインターネット通販業です(笑)
詳細を話しても理解してもらえなので(^^;

 

■ある程度実績が出続けてきた時期~

▶市場の変化のスピードへの対応

起業当初は最初のブランディングから発信、
メディア生成から育成、コンテンツ作りや
決済導入などが一からの制作なので問題ないです。

しかし、一度作った仕組みを
世の中の流行だったりメディアの法改正やら
システム変更などで一部を変更しなければならない時があります。

そんな時に最初に作ったシステムと互換性を持たせたり、
そもそもコンテンツ自体が需要がなくなったりもします。

そうなった時の編集は意外と確認と作動チェックや
市場の変動によって速やかに行わなければいけません。

▶所得に関しての課税

ネットビジネスでもメディア系ビジネスにおいては
ある程度作り込むと何もしなくても収入が発生します。

ある一定の所得になってくると
会社登記でないと税金で儲けがなくなったりもしますし
収益が出て一部を投資で運用で増やすのものいいですが、
中途半端に増やし過ぎると課税で利益が無かったりします(笑)

まぁ電卓や必須ですね(^^♪

▶コンテンツのアップデート

インターネット業界においては、
市場の流れのスピードが非常に速いです。

そうなると流行りだけでなく、
ノウハウなどの教育系コンテンツなども
細かくアップデートしながら運用しないと
瞬く間に売れない価値の無い商品になってしまいます。

どんなビジネスをする人もそうだと思いますが、
意外と細かくマメな人がネットビジネスには
向いてるとは思います。

もちろん正しいノウハウを正しい順番で実践すれば
だれでも結果を出すことは出来ます!

正しいく学び実践する人じゃない人は
何をやっても結果が出ないのは当然です。

何事もやるからには真面目に取り組みましょう!(^^


■まとめ

以上が始めてからある程度運営が整うまでの
あるある課題の一部でした(^^

僕はもとは店舗型の事業を多くしてたので
インターネットを活用したネットビジネスで
新規一転手した時に一番困ったのが、
登記や申告の際の事業業種の説明部分でしたね。

 

インターネットビジネスというのはそもそも
【手段】であって【業種】ではないからです。

 

その【手段】をある程度マスターすると、
ある程度の職種をマルチにこなす事ができるんです。

その為、私は飲食業です!というと、
それ以外に広げるのが難しいですが、
ネットビジネスだとデリバリーやりながら、
広告業したり別の商品のネット販売したり、
ノウハウ提供したりメディアデザイン出来たりと
職種が派生していきます。

 

しかも労力はそんなに変わらないのに
収入が二乗していくようになるので
何でも屋になりがちです(笑)

しかし皆それぞれ得意不得意があるので
その派生の中でも一番力を入れてるのは、
1つか2つです。

 

実際に菊田も販売も集客もコンテンツメイカーも、
メディアデザインも転売も投資もオペレーションも
プロデューサーもどれでも出来ます。

 

しかしメインとしてるのは教育部分と、
プロデュース時のメディア制作がメインだったりします。

投資なんかも収益分を少しの運用で
課税が余りかからない程度に増やすくらいです(^^

 

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。

 

そして今現在力を注いでいるのが、
ネットビジネスを活用したビジネスをこれからする人や、
現在活躍している人向けに立ち上げた
オンラインキャンパス-ZEROBiz<ゼロビズ>です!

詳しい詳細はこちらからぜひご覧ください。
⇒ https://www.arioseconsulting.com/bizhall

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。