田舎暮らしを満喫する夫婦はキャンプでリモートワークもしています。

Sponsored Link


どうもArioseConsulting代表の菊田です。

最近ではリモートワークへ働き方やシステムを導入する会社や
個人事業者がとても増えていますね。

 

コラム系のブログを覗いてみると、
「リモートワークあるある」というテーマもあるくらい
【働き方】への変化に対応途中の記事もおおくなりました。

 

僕のメルマガ読者様やクライアント様、
オンラインスクールの塾生の方々なんかはご存知だと思いますが、
僕はインターネットを活用したビジネスを10年近く継続しています。

 

それ以前は飲食、サービス業などの
店舗型ビジネスを十数店舗運営してましたが、
2013年頃から完全にインターネットオンリーになっています。

 

僕の嫁もハンドメイドのネット販売をメインとして
臨時のハンドメイド教室であったりオンライン投資なども
ちょこちょこやっていて夫婦がお互いITフリーランス的な感じです。

 

その為、夫婦の趣味のひとつであるキャンプ中でも
インターネットが繋がる場所であれば仕事が出来てしまう状態です。

 

なのでお互いが好きな時間に好きなことをしていて
お互いが事業者でもあるので考え方も自立しているお陰であったり
共通の趣味や目的に向かってバランスのイイ生活共通が出来ています。

 

生活に関しても、仕事に関しても『お互いが頼りになる存在』なので
喧嘩もすることもありません。

 

夫婦の口癖は『幸せやねぇ』です(^^)

 

恐らくそんな夫婦はこれからも今後も増えてくると思います!

こちらの写真は用事て遠出した時の帰りに
『ついでやから、帰りにキャンプして帰るか?』っとなって
ハンモック泊でのキャンプしてきたものです(^^)

 

こうやってキャンプを楽しみながらも
ネットが繋がる環境でさえあればスマホ1つでも
十分すぎるほどの収入を得るスタイルは、最高です。

 

さらに幸せなのは夫婦でそれが出来ているのは超最高です!!

 

ただし、Webコンサルティングを行っている僕からのアドバイスとしては
どちらかがWebマーケティングやキャッシュフローまでの仕組み作りを
熟知している事が大前提と言えます。

 

申し訳ないのですが、いくら緩い写真をアップしていたとしても
何かをマスターするという事はお金も時間も労力も最低限の投資は必須です。

 

例えばキャンプスキルにしたってブログや教材本、動画などで学んでいても
実際に現場で実践を何度も繰り返して身につけなければ使い物になりませんよね?

 

よく私の親も言い聞かせてくれてましたが
『なんでも大変じゃない仕事なんてものはないよ』
まさしくその通りです。

 

やってみた!……調べてみた!……は誰でも出来ますが、
マスターして身につけるには『やり続ける』が重要です。

 

僕が教えている成功のマインドセットの一部で行動指針というものがあって

1.知ってる
2.理解している
3.やった事がある
4.やり続けている
5.教えている

という順番があります。
マスターというのはこの5番目のことです。

 

どんな業種においても5番目が一番稼げますし、
一番労力は少ない割に利益が多く分配されています。

 

僕が企業様から頂くコンサル費用は100万程度ですが、
超有名な方でしたら一回のコンサル費用で数百億円動きます。

 

そんな世界ですのでそれだけのものを提供するためには
普段から知識欲求を高めて学び続けています。

 

『ちょっとやってみた』程度の人にお金を払う人はいませんからね(笑)

 

このリモートワークに関しても同じで、
いきなりの働き方への変化に対応しきれていない方も多いでしょうが、
そんなものは当たり前なので徐々に徐々に順応していってくださいね。

 

土俵が変わればおのずと使うスキルや学びが変わっていくのは当たり前で、
例えば現場で働いて結果を出していた従業員が中間管理職になれば、
自分が現場で結果を出すことではなくマネジメントで結果を出す土俵になります。

 

そこでいつまでも現場で自分が結果を出していたスキルや学びではなく
1からマネジメントをつけて行く必要があるわけです。

 

分かりやすく言えば、
武力が欲しい一般兵と軍師の役割の違いみたいなもんですね。

 

何が言いたいかというと、リモートワークはマスターすると
最高に快適な働き方環境を手に入れれるので、やるならしっかり学んで
トライアンドエラーをどんどんやり続けましょう!という事です(^^)

 

もしあなたが自分のやりたいビジネスモデルやジャンルで
インターネットビジネス、Webマーケティングを学んで
僕のようなライフスタイルを自由に選択する土俵に行きたい場合は、
ぜひ下記にある無料メルマガからでもいいので覗いてみてはいかがでしょうか?

以上-菊田でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。