あなたが本を読むだけで身についていない原因と対策

 

昨日はある商品撮影の為、桜並木をブラついたんですが、
帰りの途中に公園の木陰を見つけて昼寝を決めた菊田です。

よく専門書やルールブックを読んだけど、
ぜんぜん出来るようにならなかった…

そんな経験ありませんか?

 

これがビジネスや投資ノウハウだったりすると
結構な損失になってしまいますよね?

今回はそんな読んでも身につかない
原因と対策法について語っていきます。

■用途と特質を理解するとイメージ出来る

例えば男(野郎)の友人で多いのが、
麻雀を始めようとルールブックを買ってみたものの
読んでみてもよくわからないからやめた。

そんな人が結構多いです。

ちなみに菊田は麻雀が出来るし、
フリーで雀荘にいくとイイ感じで遊べます。

ただ説明書的なものは読んだのか?
っと聞かれれば覚えた後に読んだ。
というのが現状です。

他に麻雀が出来る仲間も、
本ではなく実際にやっている友達のを観たり、
参加してみたり体験というアウトプットから始める。

それをした人は初日から出来るようになり、
詳しい手役(技みたいなもの)を本で確認する。

事業をし始めた20代前半の頃も
事業を始めてから専門書を読んだ。

現在5年以上も稼ぎ続けている
ネットビジネスを始めた頃だって
文章ではなく有料の動画講義なんか見ながら
実践した後に読んだ感じ(^^

なのでタイトルにある通り、
本を読むだけでは身につかない!

ただし本を読むのがいけないというのではない!

本は読むべきだし、
読むことによって読解力がつくし、
ブログでの文字を読むことによって
読みやすい書き方や見せ方を覚える。

そもそも読んで理解する力という
読解力がないいままだと、
何かの手続きや作成や申請などなど、

何かのサービスに登録したりするときに
ヘルプやよくある問い合わせに記載されている
内容をカスタマーセンターなんかに時間をかけてしまう。

そして本はキッカケにもなるが
最も価値があるのは「確認」だという事。

菊田も自分がリリースしている商品だったり
ジャンルビジネスモデルだったり、
教育面での心理学や哲学だったりなんかは、
そもそも書籍を読んで確認するようにしている。

何も実践や体験をしていない段階で、
専門書を読んでいても絵が描けない。

実際自分が行動している、
それもアウトプットしている事への
答え合わせに近いと思う。

麻雀の手役だってたった一つの牌が違うだけで
ゴミ手(安い役)だったりしてしまう。

それと同じようにノウハウやコツっていうのも
ホントに小さなところだったりする。

あまりに小さな事なので
殆どの人が重要に見えてない事が多い。

なので稼ぐ人と稼げない人が一気に分かれる。

そんな小さな事にお金や時間をかける人は
間違いなく成果を上げる。

結局何が言いたいのかというと、
環境に入る事がまず最初という事でした!(^^

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。